名古屋のはく製屋さん!!

安心・信頼・丁寧の魚類専門 ゆあさ剥製工房より
はく製・魚・釣りに関する事や釣行記などをご紹介♪
<< サクラマス釣り | TOP | クリエーターズショーケース2012春(剥製展示会) >>
ブラックバス&雷魚釣り(名古屋近郊野池)
0
    朝からフローターでの釣りに行ってきました。

    まずはトップで探るも反応なし。
    その後も一通り探るがやはりブラックバスからの反応がない…。
    また、フロッグでガガブダ上を引くが雷魚も一切反応がない。

    結局、魚からのバイトもなく池を3周くらいして、
    心が折れてきたので別の池に移動する事にした。

    次の池に着いて浮いてみると、
    かなり濁りが入って水質も悪そうである。

    取り合えずクランクベイトから探るが反応無し。

    今度はスピナーベイトで探っていると、
    奥の葦際でベイトらいしき魚がピシャピシャ跳ねている。
    いつもこの池ではベイトらしき小魚を殆どみないので、
    不思議に思いながらもスピナベを投げてみると、
    去年生まれたくらいの子バスが着いてきたが食う気はない様だ…。

    ピシャピシャ跳ねている辺りに近付いて見ると、
    どうやらさっきの子バス達が
    今年生まれた稚魚バスを追い掛け回している様だ。

    GW直後に親バスに守られている稚魚ボールを見たので、
    その頃色んなネストで産まれた稚魚達が親から離れて大集団で泳いでいる様だ。

    稚魚ボール1

    稚魚ボール2

    *見にくいが黒くブツブツなっているのが稚魚

    この時期にフローターで浮いていると、
    毎年稚魚ボールの集団に囲まれてしまう。
    たぶん浮いているストラクチャーだと思っているのだろう。

    一般人的には、こんなにブラックバスが増えたら大変…
    って思うだろうが決してそれはない。
    稚魚がたぶん何万匹何十万匹といるのだろうけど、
    大人になる間に色々な生物の餌になったりして、
    この中で大人になるのは数匹だろう。

    全部が大人になってくれたら釣人としては嬉しいが、
    自然の原理でそうはいかない。

    沢山卵を産むという事は、
    それだけ大人になるまでの生存率が低いからである。
    人間は生存率が高いので一度に沢山生まなくていいのである。

    *以下は、学者ではないのでデータなどを元に書いているのではなく、
    釣人としての私の経験・考えで書いているので、
    その辺りはご了承下さいませ。


    一般的には、
    子バス>中型バス>デカバス
    の数のバランスだろう。

    例えば、

    ・その池の「デカバス」が死んだら、
    一時的には生体バランスが崩れるが、
    「中型バス」の中で「デカバス」の地位に付くバスが現れ、
    生体バランスが落ち着く。

    ・密放流(やってはいけませんが…)でデカバスを池に放流すると、
    当然餌の需要が増えベイトが減り、
    餌が減った事によりバスも減少し、
    生き残るベイトが増えバスも増えていき、
    生体バランスが落ち着く。

    デカバス密放流→ベイト減→バス減→ベイト増→バス増→生態系が落ち着く

    ・外来魚駆除として部分的にバスを駆除したら、
    生き残るベイトが増えて餌が増えてバスも増えていき、
    生体バランスが落ち着く。

    バス減→ベイト増→バス増→生態系が落ち着く

    ・水質悪化等の原因で餌となるベイトが減れば当然バスの数が減るが、
    今度は生き残るベイトの数が増えて行き、
    餌が増える事によってバスも増えていき、
    生体バランスが落ち着く。

    ベイト減→バス減→ベイト増→バス増→生体バランスが落ち着く


    自然とは上手く出来ているものである。


    また、池の環境(水質等)によって、
    ベイトやバスの数は変わってくるが、
    四方自然豊かな池ならば隠れ家・産卵場所も豊富なので
    両方とも数が増えるだろうが、
    全面護岸まっさらな池では隠れ家・産卵場所も減り
    両方とも数が少なくなくなると思う。

    水の透明度がスーパークリアーだと、
    外敵から発見されやすく捕食されやすくなり
    両方とも個体数は少なく、
    反対に透明度が低い方が外敵から発見されにくく
    捕食されにくいので両方とも個体数は多いだろう。

    水質が良ければ両方とも数が多いだろうが、
    水質が悪くなるとベイトが減る為同じ様にバスも減ると思う。

    生体の数と環境とは深い関係及び繋がりがあり、
    いくら稚魚放流・密放流・外来魚駆除した所で、
    池の自然環境を改善しなければ生体数は増えてはいかない。

    全ては自然のバランスである。


    話が反れてしまいましたが、
    釣果は坊主で完敗でした…。




    JUGEMテーマ:バスフィッシング
     
    | 釣行記 | 17:56 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
    コメント
    今年の名古屋近郊ってバスはどうなんですかね?
    5/12以降、バス釣りしてないので分かりませんが水温も安定してかなりイイ感じと思ってましたが・・・。
    バス釣り行きたいのですが今週末は得意先と小物海釣りです^^;
    | すけくん | 2012/05/31 5:54 PM |
    自分は釣れていないけど、
    状況はどうなんだろう???
    人少ない平日しか行かないから、
    あんまり状況は分らないね〜。

    週末はアジとかかな〜?
    数釣り頑張って来てね〜。
    | 魚眼 | 2012/05/31 7:23 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.yuasa-hakusei.com/trackback/1066094
    トラックバック